処女膜強靭症でお悩みの女性のための処女膜切開手術とは?
相談者
彼氏とエッチしたときに、
痛すぎて指すら入りませんでした...
トーマスさんのサポートを受ければ、
痛みなく入りそうですか・・・?
 
トーマスへのサポートの相談の、
半数近くが、
挿入を断念された方を占めています。

大抵は、
慎重に、ゆっくり進めていくことで、
最後まで入るのですが、
やはり中には、
どうしても入らない方もいらっしゃいます。

男性器が入るか入らないかは、
最初に小指を入れた時点で、
ある程度把握できます。

小指を入れた時点で、
痛みで我慢できない場合、
それは処女膜強靭症の可能性が
非常に高いと言えます。
 

処女膜について

 
処女膜の大きさは、
個人差によって異なります。

一般的に、
処女膜は直径1〜2センチメートル程度の
小さな開口部を持つ膜状の組織ですが、
厚さや柔らかさ、
開口部の形状などが個人によって異なります。

一部の女性は、
生まれつき処女膜が比較的厚い場合があり、
これが性行為や月経(生理)の際に
痛みや不快感を引き起こすことがあります。

また、
生まれつき処女膜が特に薄い場合もあり、
これによって処女膜が
容易に破れることがあります。

処女膜の大きさや厚さが、
個人の性的健康に影響を与える場合、
または異常な状態を感じる場合は、
医師に相談することが重要です。

医師は適切なアドバイスを提供し、
必要に応じて、
処女膜切開手術などの治療法を
検討することがあります。

処女膜の固さや厚さによる問題は、
処女膜切開手術という方法を
検討することがあります。
 

処女膜切開手術とは

 
処女膜切開手術は、
処女膜を切開して
開口部を広げることによって
問題を解消する外科的な手術です。

しかし、
手術を行うかどうかは個人の選択であり、
必要性やリスクをよく考慮し、
専門医と相談することが重要です。

処女膜の問題については、
恥ずかしいと感じることなく、
専門医と話し合うことが大切です。

医師は適切なアドバイスと
治療法を提供してくれるでしょう。
 

処女膜切開手術はどこで受けられる?

 
処女膜切開手術は、
一般的に婦人科医によって行われます。

手術は局所麻酔の下で行われ、
処女膜を切開して
開口部を広げることによって
問題を解消します。

手術は比較的簡単なものであり、
通常は合併症が少ないですが、
手術後には適切なケアが必要です。

重要なことは、
処女膜切開手術は個人的な選択であり、
全ての女性に必要な手術ではない
ということです。

手術を考える際には、
専門医と相談して
自分に適した方法を選ぶことが重要です。
 

処女膜切開手術を受けた人はいる?

 
トーマスのサポートを受ける前、または、
サポートでも入らなかった人で、
処女膜切開手術を受けた人はいます。

処女膜切開手術を受けた人を
サポートする場合、
ほぼ100%入ります。

痛みが全くない、ということはありません。

処女膜が裂ける痛みはなくなっていますが、
挿入痛というものがあったり、
膣内が十分に濡れていない場合、
摩擦による痛みを感じることもあります。

どちらの痛みにしても、
以前の挿入の痛みがトラウマになっていて、
緊張から筋肉が収縮し、
膣内が乾いてしまうことがあります。
 

なぜトーマスのサポートでは処女喪失の成功率が高いのか

 
緊張を緩和させる、
いわばリラックスして挿入を受け入れる、
そこがトーマス(サポート)の
腕の見せ所とも言えます。

心の緊張をほぐすために、
とことん雑談をしたり、
話を聞いたり。

体の緊張をほぐすために、
マッサージしたり、
女性器への愛撫・オーガズムに導いたり。

心と体の緊張が緩和された時点で、
ほぼ入ったようなものです。
 

終わりに

 
「トーマス?処女喪失サポート?
 怪しすぎるでしょ。
 こんな怪しい人にお願いするとか
 ありえないでしょ」
という方は、
サポートを受けても、
間違いなく挿入に失敗するのは
目に見えています。

トーマスに対して心が開けていない、
心を開く気がない時点で、
緊張が緩和することがないからです。

「ほかに相談できる人がいない。
 ダメ元でトーマスさんに依頼してみよう。
 とりあえず話だけでもしてみよう」
と、心を少しでもオープンにできれば、
あなたも処女卒業に一歩前進できます。

別にトーマスでなくても、
相手に心を開く、というのは、
自分が変われる第一歩になるのは
間違いないでしょう。

とりあえず話だけでもしてみたい、
という方は、
こちらのフォームからどうぞ。

相談窓口コーナー

Q1
お問い合わせしたい内容を選択してください。
おすすめの記事