誰にも言えない、処女を捨てたい本当の理由トップ3
相談者
早く処女を卒業したい!
でも相談できる人が周りにいない...
 
気がつくと二十歳を過ぎ、
周りを見渡してみれば、
みんな彼氏持ちでリア充生活。

学生の間はノリで乗り切っても、
社会人になると、
いよいよ相談できる人が少なくなる。

「処女 相談」
なんかで検索してみても、
このサイトを含め、
怪しそうなサイトしか出てこない。
 

なぜあなたは処女卒したいと思った?

 
当サイトは、
処女卒したい女性の悩みを解決する、
というコンセプトで活動してます。

具体的には、
処女喪失の手助けをしていて、
恋愛サポート・カウンセリングも、
オプションとして無料で行っています。

 
「なんで処女を卒業したいと
 思ったんですか?」

トーマスの処女卒業サポートを受ける前に
通話をするのですが、
そのときに、必ずこの質問をしています。

 
トーマスのサポートを受ける方は、
10代後半から30代前半までで、
最大15歳ほどの年齢差があります。

なので、年代によっても、
処女卒したい理由は様々です。

そこで、このページでは、
これまで集計したアンケートを元に、
最も多かった回答ベスト3を紹介します!
 

第3位:彼氏との挿入が上手くいかない(痛い)

 
彼氏持ちの女性の方からの相談も多く、
クライアントの2割は彼氏持ちです。

「彼氏のが大きすぎて痛くて入らない」
「指を入れただけでも痛い」
「痛くて(または初エッチが怖くて)
 断ったらフラれた」
などの相談がとても多いです。

 
彼氏とのエッチが上手くいかなくて
フラれる、なんて、
最悪の結果ですよね。

彼氏との初エッチ前に
サポートを受けていたら、
と悔やまずにはいられません。

相談者
今度彼氏と初エッチをすることになって、
不安だからサポートを申し込みました!
 
という方にとっては、
トーマスのサポートは
非常に心強い味方となるようです。

クライアントからの満足度は非常に高く、
お礼のメール(LINE)も
いただくことが多いですね。
 

第2位:処女コンプレックスをなくしたい

相談者
周りの子がみんな処女を卒業してて、
自分だけが処女なのが
ずっとコンプレックスです...
 
年代にかかわらず、
この理由で卒業したい女性は
非常に多いです。

 
10代だと、
「二十歳になるまでに卒業したい」
20代前半だと、
「大学を卒業するまでに卒業したい」
20代後半だと、
「30になるまでに卒業したい」
という理由がほとんどですね。

上記の理由を見ていただければ
わかると思いますが、
ある一定の年齢だったり、
特定のイベントまでに処女卒したい、
という気持ちになる傾向があります。

大学生活で、周りがリア充だらけだと、
余計にコンプレックスを感じるので、
10代の女の子からの依頼は、
圧倒的にこの理由が多いです。
 

第1位:今、気になる人がいるから / 彼氏にバレたくないから

 
1位の理由が、全体の半数を占めてます。

相談者
今、気になる(付き合ってる)人がいて、
処女だとバレたくないから...
 
という理由で申し込む方が多いです。

 
付き合ってなくても、
処女だとバレたくない、
って理由が多いのが不思議だと思いませんか?

その辺りを深く聞いてみると、
「飲み会とかでいい雰囲気になったら、
 もしかしたらそのままホテルに行く、
 って状況もあるかも
 しれないじゃないですか」
と。

見た目が割とリア充な雰囲気を出している、
男性にモテそうな女性に多いのが
この悩みの特徴ですね。

 
見た目が派手で美人そうな女性でも、
心の奥深くでは、
処女膜が破れる激痛や、
セックスに対する恐怖心があるものです。

そして、
見た目が男性と遊んでそうに見えるだけに、
余計に誰にも相談できないみたいです。
 

処女を捨てたい理由を振り返ってみて

 
1位~3位までのいずれの理由も、
切羽詰まった状況であること。

そして、それが
行動を踏み出すきっかけに
なっていることがわかりますね。

 
処女卒業サポートは、
まさにこういった方の悩みを解決するために
ぴったりのサービスと言えますね!

というか、
こういう状況に追い込まれないと、
処女を捨てる、卒業する、
という行動に踏み切れないのが
人間の性質だと思います。

 
それは、1日30~40アクセス
(月に1000アクセス)ある当サイトで、
サポートを依頼するのが、
月にたったの1人いるかいないか
(1/1000以下)という数字が、
何よりの証明になってますね。

ですが、

相談者
いざとなったら
トーマスさんにお願いしよ
 
というサポート希望予備軍(?)は、
潜在的にはかなりいてることも
わかってます。

それは、トーマスのサイトを見て、
早速サポートに申し込む方よりも、
「何ヶ月も前から見て(知って)ました」
という方ばかりですから。

 
・・・

 
東京にもサポートサイトが
あるにも関わらず、
なんでトーマスのサポートを選んだのか、
聞いてみました。

興味があれば、
こちらのページを読んでみてください。

相談窓口コーナー

Q1
お問い合わせしたい内容を選択してください。
おすすめの記事