【処女必見】挿入が痛い・入らない原因は?膣が濡れないから?
相談者
彼氏との挿入のタイミングになると
いつも痛くなってしまいます。
膣が濡れにくいんですけど、
それも痛みの原因ですか?
 
挿入の痛みと言えば、
処女膜が引っ張られる痛み、
処女膜が切れる痛みが
まず思い浮かびますよね。

それ以外に、
膣内が濡れていないと、
挿入時に痛みは発生するのか。

また、
濡れにくい人はどんな特徴があるのか、
お話ししたいと思います。
 

膣が濡れているかどうかを知るサイン

膣内は殺菌作用のある膣分泌液で
元々湿っています。

ですが、それだけだと不十分で、
挿入前の段階で、
膣外まで分泌液が溢れ出ているかが
挿入できるサインとなっています。

下着を履いている場合、
上記写真のように、
膣周辺まで染み出るほどであれば、
身体は挿入の準備はできていると
考えていいでしょう。

挿入で膣内の痛みを感じる場合、
入口周辺が十分に濡れておらず、
摩擦によって痛みを感じることが多いです。
 

膣入口まで十分に濡れるには?

これはずばり、
「下半身が十分に温まっているか」
これが一番大きなポイントになります。

「末端冷え性の人は濡れにくい」
というのは、
あながち間違っていないように思います。

普段から下半身を
冷やさないようにすること。

具体的には、

・運動する
・筋トレする
・湯船に浸かる
・体を冷やす食べ物を食べない

この辺りでしょうか。

サポート当日、
冷え性のクライアントをサポートする際、
下半身を温めるために、

・長風呂に入る
・マッサージをする
・部屋の温度を高めにする

など、
体を冷やさない工夫をしています。
 

緊張して濡れない場合

相談者
いざ挿入となると、
体が緊張して濡れてきません...
 
体が緊張すると、
口が乾くのと同様、
膣も濡れにくくなってしまいます。

緊張をほぐすにはどうしたらいいか。

それは、
「無理に入れようとしない」
これに尽きます。

彼氏が入れたがっているなら、
「まだ濡れてないから...」
と言って、
いったん止めてもらう。

緊張をほぐすために、
まずは彼氏に腕枕でもしてもらって、
体を密着してみるのも1つの方法です。

もし彼氏ができるなら、
マッサージしてもらうのもいいですね。

彼氏の興奮が冷めて萎えられても困るので、
手コキやフェラをして、
彼氏の興奮の熱を冷めないように
工夫することも大事なことです。
 

普段から濡れやすくする方法は?

体を冷やさないようにすることと、
性感を上げておくのも重要なポイントです。

下着の上からでいいので、
クリトリス辺りを指で触ってみましょう。

直接クリトリスを触るより刺激が弱いので、
痛みに敏感な場合、
こちらの方法がおすすめです。

私のサポートを受ける方で、
一人エッチしたことがある人は、
下着の上からクリトリスを触っている方が
割と多い印象です。

指オナニーで気持ちよくなっても
なかなか濡れてこない場合は、
ピンクローターを使ってみましょう。

こちらはやや刺激が強めで、
人によっては、
下着の上からでも
イクことができるかもしれません。
 

終わりに

あなたが冷え性でないなら、
上記写真のように、
日によっては
下着が濡れることもあると思います。

これは何もエッチなことを考えなくても、
健康な体だと濡れることもあるのが
自然な姿だと思ってください。

一向に冷え性が改善しない、
濡れやすい体になりたい、
体質改善に興味があれば、
こちらの講座もぜひご受講ください。

相談窓口コーナー

Q1
お問い合わせしたい内容を選択してください。
おすすめの記事